iFPos

iFPos Register - POSレジシステムのご案内

iFPos Register

POSレジだけの単独使用からオーダーエントリー機能・セルフオーダー機能との連携などシステムの拡張に柔軟対応します。

当初はPOSレジだけのご使用、将来オーダーエントリー・セルフオーダー機能の使用も既存の機器を生かした拡張が可能です。

操作画面
下線の引いている箇所をクリックすると画像が表示されます。

開店 お店の開店を指示します。
  • 現金有高管理を行っている場合は現金有高の入力が行えます。
  • データのバックアップも自動で行われます。
売上入力
( お会計 )
( ご精算 )
売上の操作はとても簡単です。

レジでは受領金額精算 ( お会計 ) は以下の方法を用意しています。

( オーダーエントリー・セルフオーダーをご利用している場合 )

日計表 以下の帳票がレシートプリンタで印刷できます。
  • 商品種別 (カテゴリ) 集計
  • 商品毎集計
  • 伝票一覧
  • 現金・クレジット毎の売上集計
  • 過去日1年間に遡って印刷が可能です。

領収書・明細レシート・日計表のイメージ

明細レシート
領収書
  • 領収書と明細レシートの一体印刷が可能です。
  • 領収書と明細レシートは再発行が可能です。
    (日計表の伝票一覧から選択して印刷を行います。過去1年間有効)

領収書・明細レシート・日計表のイメージ

配膳管理
( Staff / Customer )
オーダーエントリーまたはセルフオーダーからの注文は
仕掛レシート(ちぎり伝票)および注文票の印刷が行えます。

• 印刷の替わりに iFPos Kitchen で画面による管理も可能です。

  • キッチンへ「大至急ご提供」の伝達が行えます。 ( Staff )
  • 直近の注文から n分経過 の表示が行えます。ご注文のお伺いにどうぞ。
  • プリンタが複数の場合、キッチンまたはパントリーへの印刷先は注文商品毎に設定できます。
    さらにフロアが複数の場合もフロア毎に印刷先を決定できます。
  • プリンタが用紙切れなどで印刷が不可能な場合,あらかじめ指定した代替先プリンタへの迂回印刷が可能です。
    この機能によりキッチン・パントリーの混乱を防止します。
テーブル管理 テーブル毎の相席,空き席,予約席の状態管理を行っています。
  • テーブル配置画面から売上(精算),追加注文が可能です。

    画面の任意のテーブルにタッチまたはマウスクリックで行える簡単操作です。
    ( マウスまたはタッチパネル対応のモニタが必要です。)
  • テーブルの相席,空き,使用中,予約席が一目瞭然です。
  • テーブル毎に来店からの経過時間,直近の注文からの経過時間を表示します。
商品設定 商品の登録はとても簡単! 次の手順で登録を行います。

( POSレジのみでご利用の場合 )

( オーダーエントリー・セルフオーダーをご利用の場合 )

セキュリティー
  • キャッシュドロワーの開閉を伴うレジ操作に対してスタッフ毎に行える・行えないの指定が可能です。
  • キャッシュドロワーの開閉時のタイミングで「ドロワーオープン」のレシート印刷が設定できます。
メール送信 来店状況・売上状況を e-mail で自動送信する機能です。
指定した時刻または間隔で送信を行います。

送信する情報は以下のものです。

  • 開店報告・閉店報告
  • 来店状況・売上状況 ( 時間指定または時間間隔で自動報告します。)

☆ 最大4つのメールアドレスに同時送信が可能です。

☆ ご使用にはインターネット回線及びプロバイダの契約が別途必要です。

予約機能 当日分から未来日6ヶ月先まで予約が可能。予約時にテーブルも予約できます。
  • 予約時に予約注文品も承れるので仕入の参考に
  • 予約時にテーブルリザーブが可能。
  • 予約時のテーブルの空き状態が把握できます。